ブランクがあっても転職しやすい警備員

ブランク期間が長いとどうしても面接に行くのは怖いものです。企業としても、ブランク期間が長いという情報はどうしてもマイナスに捉えてしまうものです。ここではブランク期間が長くとも、採用されるための方法や、ブランクがあっても採用されやすい職を紹介していきます。

ブランクがあっても転職できる警備員

警備はブランク期間があっても採用されやすいといわれています。しかしどれだけ採用されやすい職種であっても面接でうまく受け答えができなければ転職は難しいです。ブランク期間があったとしても採用される秘訣はなんでしょうか?

ブランクがあっても転職可能

まず覚えておいてほしいことは、ブランクがあっても転職は可能です。ブランク期間のことを気にしてその場で足踏みをしていてはもったいないです。企業側は落とすためではなく採用するために、ブランク期間のことについて聞いてきます。なにも考えていないままではマイナス評価としてとられてしまいますが、工夫によりマイナスをプラスに変えることは十分可能です。面接官に納得してもらうためにも「ブランク期間を意味のある期間」にしましょう。

だからといって後付けの理屈だけでは厳しいこともあります。嘘をついている罪悪感などから面接中にどもってしまったり目が泳いでしまったりしては元も子もありません。そうならないためにも、就活中の期間を有意義なものとするため、自分がやっていたことは何のためにやっていたのか、そこから何を学べたのかを自分の中でいま一度整理してみましょう。無計画さではなく計画的であったことをアピールするのが大切です。

ブランクがあっても転職しやすい警備員

警備員はブランク期間が長くとも転職しやすいです。その理由としてあげられるのは、まず人手不足ということがあります。警備員の仕事は多くの施設に需要の場があり、どれだけ職場の環境を整備して採用を積極的におこなっていても、人手不足の状況はなかなか改善されていません。

まとめ

警備の仕事といってもさまざまです。施設やビルの外、入り口などで立ちっぱなしで警備の仕事をしたり、オフィスビル内の防災センターで不審な人やものがないか座って監視する仕事、交通整備の仕事などがあります。体力がいるものや、接客がほとんどない仕事、接客が多い仕事など多数ありますので、自分に合った警備の仕事を見つけることが最適です。

警備には資格も多数あり、会社によっては資格を取得していることで昇給をしていく制度もあり、入社前に確認してみてもいいでしょう。