学歴不問でも転職できる職業って?

学歴は、就職だけでなく転職の際にもその成否に大きな影響を及ぼします。学歴で判断されると、いざ転職しようと思った時に気が引けてしまうのかもしれません。しかし、最近では学歴で判断しない企業も増えています。

ここでは、学歴不問の企業が増えている背景や、学歴を問われない業種について詳しく解説していきます。

学歴不問の企業は増えている

学歴は就職の結果に大きな影響をもたらすイメージがありますが、実は、現在では学歴不問の企業が増えてきています。ここでは、その理由について見ていきましょう。

なぜ学歴不問の企業が増えているのか

学歴不問の企業が増えている背景には、いくつかの理由があります。

まず、学歴よりも実力やポテンシャルを重視する企業が増えてきていることが大きな理由です。実際に、転職時の面接でも、マニュアル的な質問ではなく性格を探るような質問が多かったという声があります。また、経歴だけでなく人柄を重視するための質問が増えているという意見もありました。

ほかにも、社風を柔軟なものにすることを目的として、学歴不問にしている企業も多くなっているようです。

学歴不問の場合、求人応募・面接で注意するポイント

学歴に自信がなかったり空白があったりするからと言って、面接で嘘を言うわけにはいきません。例え最終学歴が中卒であっても、その理由について聞かれたらきちんと事実を述べましょう。

また、面接の際には意欲をしっかりとアピールすることが大切です。意欲を上手くアピールできれば、応募要件を満たしていなくても応募が可能な場合もあります。また、面接の際には身だしなみに気をつけるようにすれば、面接官の好感度もアップするでしょう。

転職先を探すなら!学歴不問でもOKな業種とは?

学歴は就職に当たって重要な要素ですが、学歴不問の業種もあります。ここでは、学歴不問の業種について解説していきます。

学歴不問でも可能な主な業種

学歴不問でも就職できる業種として、以下のようなものがあります。

・コールセンター
・営業
・製造業
・警備員

もちろん、これら業種の学歴に対する重要度合いについては、企業によって異なるので、まずはチェックしてみるのがいいでしょう。

その中でも警備員がおすすめ

学歴不問の業種の中でも、警備員は特におすすめです。まず、警備員なら求人が多いため、定年後の中高年の方や無職の方でも就職しやすいです。また、専門的な知識や高度な資格も必要ありません。警備の経験がなくても研修でしっかり教えてくれるので、実務未経験からでもOKです。

警備員の仕事は、人々の生活や住まいを守る大切な仕事となります。仕事を通して社会貢献に携わることができるため、働くモチベーションも向上するでしょう。また、正社員雇用が多いのも魅力的です。

まとめ

近年では、学歴不問の企業が増えてきています。その背景には、人柄や人物重視の企業が増えてきたことや、柔軟な社風の会社が増えてきたことという事情があります。面接の際には、学歴がなくても意欲をしっかりアピールすることが大切です。学歴不問の業種の中でも、警備員は特におすすめの業種となります。