無職期間が長くても転職できる!警備員をおすすめする理由

無職期間が長い人の中には、なかなか転職できずに困っている人もいると思います。無職期間が長いと一般的には転職しにくいといわれています。

そんな中で無職期間が長い人でも就職できる可能性がある仕事の1つに警備員があります。どうして警備員は無職期間が長くても転職しやすいのでしょうか。

無職期間が長い人でも転職できる!警備員をおすすめする理由

ここからは、無職期間が長い人でも転職しやすい仕事として警備員をおすすめする理由をご紹介します。

未経験でも募集している

無職期間が長い人の転職先として警備員をおすすめする理由1つ目は、未経験でも募集しているためです。

警備員の仕事は働く前に研修を受けるため、未経験の人でも募集しているケースも多くなっています。

無職期間が長い人は長い間無職だと採用されないのではないかと心配になりますよね。

でも、警備員の場合は無職期間が長い場合や職歴がない場合でも、基本的なコミュニケーションなどのスキルと意欲があれば採用されるケースが多いです。

このように、比較的無職期間の有無に左右されない仕事であるために警備員は無職期間が長い人におすすめできます。

警備員は人手不足

無職期間が長い人の転職先として警備員をおすすめする理由の2つ目は、警備員が人手不足だからです。警備員の仕事は施設警備・雑踏警備・交通警備など多岐にわたり、その需要は高いです。

そんな中で、需要の割に警備員の数は少なく人手不足が進んでいます。そのため、無職であっても基本的なスキルさえあれば比較的就職しやすい状況が生まれています。

警備員は年齢が高くても働ける

無職の期間が長い人の転職先として警備員をおすすめする理由3つ目は、警備員は年齢が高くても働けるからです。

警備員の仕事は体力を必要とする現場もありますが、比較的年齢が高くても働ける仕事内容もあります。

例えば、施設警備といって、オフィス内の警備や警備員室で待機しておいて、トラブルが発生時のみ対処する仕事があり、こういった仕事では、あまり体力を必要としません。

実際に、50代60代の人でも警備員として働いている人はいます。年齢に関係なく働くことが可能という点から、無職期間が長い人の転職先としておすすめできるのです。

まとめ

ここまでで、無職期間が長い人の転職先として警備員をおすすめする理由をご紹介しました。無職期間が長いと転職がうまくいかないこともあると思います。

でも、今回ご紹介した警備員であれば比較的採用されやすい仕事なので、興味を持った人はぜひ挑戦してみてください。