警備員の休みの取り方!警備員の休みの形態をご紹介

警備員の仕事に興味がある人の中には、警備員の働き方や休みの形態などを知りたい人もいるでしょう。

警備員といっても、働く現場や内容によって休みの形態には違いがあります。こちらでは、警備員の勤務形態から、休みがどうやって決まっているのかをご紹介していきます。

警備員の休み方って?警備員の休みの形態をご紹介

警備員の仕事はいくつか種類があるため、その種類によっても休み方は様々です。そこでここからは、警備員の休みの形態についてご紹介していきます。

勤務形態によって休み方が異なる

警備員の休みは勤務形態によって異なります。施設警備や雑踏警備ではアルバイトの人も勤務しているので、シフト制で勤務することが多く、休みもシフト制で決まります。

一方で、輸送警備や身辺警備では専門的な知識や経験が必要ですし、危険を伴う業務があるためほとんどの場合、正社員が行います。そのため、基本的には週休2日です。

このように、警備員の仕事は勤務形態によって休みの形態も異なるため、働くときには確認しておく必要があります。

休日が多い時期少ない時期がある

警備の仕事には繁忙期とそうでない時期があります。施設警備や雑踏警備ではイベントが多い夏場や工事が増える年度末・年末年始は繁忙期です。

このような繁忙期には、仕事が多いので休みが少なく、そうでない時期は逆にまとめて休みを取ることもあります。

警備員の年間休日

警備員の働く日は基本的にシフト制であることが多く、給料も時給制である場合が多いです。

そのため、警備員のみで勤務している人は、ある程度の稼ぎを確保するために週休1日で働く人が多い傾向にあります。

つまりシフト制で働く警備員の人は、年間休日50日から60日ということになります。一方で、正社員の人は週休2日で働いている場合が多く、年間休日は120日程度です。こちらから、正社員の場合には、他の職業と変わらないくらい年間休日があると分かります。

このように警備員と言っても、アルバイト・正社員・ダブルワークなど働き方によって休日が異なるのです。

まとめ

ここまでで、警備員の休みの形態についてご紹介しました。警備員といっても種類があって、どの現場で働くかで休みの決まり方も変わります。

また、警備員の仕事は繁忙期があるので、休みを取りにくい時期もあるということは理解しておきましょう。

警備員になるときには、自分が働く現場では、どのように休みが決まるのかをしっかり確認したうえで働くようにしてみてください。