仕事のストレスが溜まる理由とスムーズに働くコツを紹介(警備員編)

警備員の仕事をしていて、「ストレスが溜まる……」と感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

いくら慣れた仕事でも、ストレスが溜まることもあります。

では、警備員の場合、どのようなときにストレスが溜まり、溜めないようにするにはどうすればいいのでしょうか。

警備員の仕事でストレスが溜まる理由

警備員の仕事でストレスが溜まるのは、どのような理由からなのでしょうか?

体調を崩してストレスが溜まる

警備員の仕事では、力仕事があるわけでもなく、特別な体力は必要ありません。

ただ、長時間立ち続けることが多い仕事です。特に交通誘導警備の場合、暑い夏の日でも寒い冬の日でもきつい状況で外に立ち、人々や車を誘導しなければなりません。そのうえ、夜間勤務がある場合もあり、生活リズムも崩れやすくなります。

これらの理由から、警備員の仕事では体調を崩すこともあるかもしれません。体調を崩すと働くのも大変でストレスが溜まってしまいます。

連携プレーによりストレスが溜まる

警備員の仕事において、高いコミュニケーション能力はさほど必要ではありません。とはいっても、人々や車を誘導する際に他の警備員と連携プレーをしなければならない場面もあります。

連携プレーをする際には、コミュニケーションをとる必要があります。人と話すことが苦手な方などは、連携プレーを行う際にもストレスを感じることがあるでしょう。

仕事でストレスを溜めないためには?

警備員の仕事において「きつい…」と感じる前にストレスを溜めないようにするには、どうすればよいのでしょうか?

しっかりと休息をとる

特別な体力が必要ない仕事とはいえ、立ちっぱなしだと自分が思っている以上に疲れるものです。そのため、休みの日にはしっかりと休み、体力を回復させる必要があります。

警備員という仕事においては、副業は禁止されていないことがほとんどです。そのため、他の仕事と掛け持ちで働いている人も多くいます。

ですが、副業すればゆっくりと休息する時間の確保が難しくなりますよね。副業する場合にも、しっかりと休むことができるようなスケジュールを組みましょう。

精神力を高める

警備員は人々の安全を守ることが仕事であり、勤務中は気を抜くことができません。そのため、高い集中力を持ち続ける必要があります。

集中力を保つのは簡単なことではありません。集中力を保つことができずストレスになることもあります。精神力を高め、集中力を保つことができるようにしましょう。

ストレスを解消する

ストレスを溜めないようにするには、ストレスを解消するのが一番です。自分の趣味などの好きなことを行う、人に愚痴を話すなど、自分なりの方法を見つけ、ストレスを解消しましょう。

まとめ

警備の仕事だけでなくどのような仕事においてもストレスは溜まるもの。どのようなことでストレスが溜まるのか原因を考え、溜めないようにする方法も知っておくと、仕事をスムーズにすることができるでしょう。