精神的に楽な仕事が警備業務って本当?

警備員が精神的に楽な仕事の理由

警備員という職業は精神的に楽な仕事といわれています。それはどうしてなのでしょうか?

一人現場のことがある

警備員の仕事においては、自分だけで現場をこなす一人現場の時も多いです。一人現場の場合、空き時間などをどのように使うかは自分次第。周りの人に合わせる必要もないため、リラックスして過ごすことができます。

特に施設警備員の場合、比較的空き時間が多いです。ゆっくり休むのもよし、自分の好きなように過ごしましょう。

現場が暇なこともある

施設警備業務でも交通誘導業務でも、現場が暇なことがあります。

仕事中であるため、ある程度気を張っている必要はあるものの、暇ならば精神的に疲れることは少ないでしょう。そのような現場の場合、精神的にも楽な状態で仕事をすることができます。

施設警備員は精神的に楽な仕事のケースが多い

警備員の中でも施設警備員の場合は特に、精神的に楽な仕事の場合が多いです。どういった面で精神的に楽なのでしょうか?

夜間の施設警備員は休憩しているようなもの?

夜間の現場は、暇である場合もあります。というのも、夜間の施設警備は、モニターをチェックするのが仕事の場合が多く、動くのは数時間に一度施設内を巡回する程度。そのため、仕事のほとんどの時間は座っています。

何か異常があったときは大変ですが、それ以外の平常通りの状態であれば、さほど気をつかうことなく仕事をすることができるでしょう。

外で立ち続ける必要がない

交通誘導警備の場合、暑い日も寒い日でも関係なく、厳しい環境の中で立ち続ける必要があります。ですが、施設警備の場合、外で立ち続ける必要がありません。

事務所などでモニターをチェックすることが仕事という施設警備も多いです。そのため、精神的にも体力的にも楽な状態で働くことができます。

定時で帰ることができる

施設警備は交代制のことが多くなっています。そのため、勤務終了時間になれば、定時で仕事を終えることができる場合がほとんどです。

残業があると精神的にストレスを感じやすいですが、定時で帰ることができる施設警備の仕事ならば、精神的にも楽な状態でストレスを溜めずに働くことができるでしょう。

まとめ

精神的に楽な警備員の仕事。そのため、ストレスなどで疲れた人が警備員に転職することも多いようです。

警備員の中でも施設警備員の仕事に就けば、ストレスをより感じることなく働くことができるでしょう。