いま警備員は人材不足!若手こそ警備がおすすめな理由を徹底解説!

近年、警備員の業界は人材不足に悩まされています。そうした状況を受け、若手の警備員の需要が高まってきています。ここでは、警備員業界が人材不足となっている理由や、若手に警備員がおすすめの理由などを解説していきます。

警備員業界は慢性的な人材不足?

警備業界の人材不足にはさまざまな理由があります。ここでは、それらの理由を見ていきましょう。

・将来に不安がある
近年のAIやネットワークシステムの発展と普及には目覚ましいものがあります。そうした技術は、生活のそこかしこに使用されるようになっており、警備業界もその影響下にあります。将来的にはそうした技術を利用した無人のセキュリティシステムの普及が予想されており、警備員の仕事自体が減少していくと考えられているのです。

そのため、若い世代はこれから需要がなくなってくる警備業界を就職先として希望しなくなっているのです。また、警備業界自体の高齢化も人材不足の原因となっています。上記のような理由から、警備業界には若い世代がなかなか入ってこなくなり、高齢の警備員の割合が大きくなっているのです。若い世代が入ってこなければ業界の世代交代も難しくなり、業界全体が衰退してしまいます。

・仕事がきついイメージがある
警備員の仕事のイメージというと、どうしてもきつい仕事だというイメージが付きまとってしまいます。そのため、警備員の仕事にあまり積極的に就こうとする若い世代はあまりいません。たしかに警備員の仕事は体力勝負なので決して楽な仕事ではありませんが、もっと警備員の仕事の良いところをアピールしていくのが、業界への就業率を増やすための解決策となるでしょう。

若手こそ警備員になるべき理由

現在、警備業界は若手が不足している傾向にありますが、それは裏を返せば警備業界の若手の需要が高まっているともいえます。そこで、ここでは若手こそ警備業界を選ぶべき理由を挙げていきましょう。

・若手の需要は常にある
前述の通り、警備業界の悩みの一つが業界全体の高齢化です。そのため、警備業界は常に若手の流入を望んでいる状況にあります。そのため、若手は警備員に採用されやすいといえるでしょう。さらに、若いうちから警備業界に入ってキャリアを積んでいけば、早い段階で管理職などのポジションを任せられる可能性も高いといえます。

また、警備員の仕事は体力が重要なので、若くて体力がある人のほうがいろいろな仕事を任せてもらえますし、たくさんの仕事をこなすことができます。経験を積みやすいという点でも、警備業界は若手におすすめの業界だといえるでしょう。

・さまざまな場面の裏が見られる
警備の仕事をしていると、一般人の立場からでは見えない場面を見ることができます。さまざまなイベントの裏側や施設の中などは、普通の仕事ではなかなか見ることができない場所でしょう。そうした刺激が欲しい人にも、警備の仕事はおすすめです。

まとめ

警備員の仕事は、AIやネットワークシステムの発展と普及から無人のものに取って代わられる可能性が高く将来に不安があることや、仕事がきついというイメージが先行していることから人材不足になっています。そのため、若手の需要が高まっています。また、普段は見られないような場面の裏側を見たい人にも、警備員の仕事はおすすめです。