空白期間は転職に不利!?空白期間があっても大丈夫な職業は!

転職をする際に気になるのが、仕事をしていない期間である空白期間です。この空白期間が長いと、転職が不利になってしまうことがあります。では、空白期間があっても大丈夫な職業はあるのでしょうか。

そもそも空白期間とは?

空白期間とは、転職活動が長引いたせいで生じる期間のことです。また、「ブランク期間」や「離職期間」とも呼ばれます。空白期間は、若い年代であればアルバイトしかしていない時期や、中高年であればリストラや定年後の仕事をしていなかった時期も含まれることに注意しましょう。

多少の空白期間は問題ではありませんが、年齢の割に空白期間が多いと社会性に乏しいと見られてしまうこともあります。

この空白期間がある場合、面接の際にそれについて聞かれることが多いので、答えを用意しておきましょう。空白期間があったとしても、働く意欲はあることをアピールし、空白期間の間に取り組んでいたことを説明するのがおすすめです。

空白期間は転職に不利?

空白期間があるだけで転職が不利になるわけではありませんが、空白期間の長さは見られます。企業が敬遠する空白期間の長さは、だいたい半年以上が目安となっています。もちろん、自分の経歴について嘘を言うわけには行きませんから、空白期間の長さについては正直に答えましょう。

また、働くためのモチベーションを持っていることや、空白期間に何をしていたかをアピールすることも大切です。空白期間がある=転職が成功しないというわけではないので、空白期間を有効に利用していたことをしっかりアピールしましょう。

空白期間を気にしなくていい仕事はあるのか?


空白期間がある=転職が成功しないというわけではありませんが、長い空白期間があるとやはり心配です。では、空白期間を気にしなくていい仕事はあるのでしょうか。ここでは、空白期間があまり気にならない仕事である警備員について解説していきます。

警備員

警備員の仕事に空白期間があまり影響しないのは、募集が多いからです。警備員の仕事は、オフィスやショッピングモール、工事現場など、あらゆる場面で求められています。そのため、警備の仕事は人手不足気味なのです。

さらに、そうした事情から未経験者でも募集しているところが多く、実務経験者でなくても応募可能というのも空白期間が多い人には助かる点だと言えるでしょう。また、職歴が短い、あるいはない人、リストラや定年を迎えた中高年の人でも応募できます。

空白期間中は仕事をしていないので、どうしても仕事の勘が鈍りがちですが、警備の仕事はそれほど難しい仕事ではないので、そうした仕事の勘が要求されないという要素もあります。

まとめ

空白期間とは、転職活動やリストラ、定年のために生じる仕事をしていない期間です。転職の際には、半年以上の空白期間があると企業側に敬遠されてしまうことがあります。しかし、警備員の仕事なら長期の空白期間があっても、募集が多いのであまり影響がありません。また、未経験者や中高年の人でも応募が可能です。