残業が少ない企業に転職したい!おすすめの仕事は?

転職先を選ぶ際にはさまざまな条件があります。その中でも、多くの人が希望するのが残業の少ない企業です。ここでは、残業の少ない代表的な仕事である警備員の仕事について解説していきましょう。

残業が少ない仕事といえば警備員

残業が少ない仕事の一つに、警備員が挙げられます。なぜ警備員は残業が少ないのか、その理由を見ていきましょう。

警備員

まずは、警備員の仕事の特徴について解説していきましょう。警備員の仕事は、以下の4種類に分類されます。

・1号警備:施設の警備
・2号警備:交通誘導や雑踏の警備
・3号警備:輸送の警備
・4号警備:身辺の警備

これらの警備の仕事が年中無休や長期間に渡る場合は、シフト制が導入されています。そのため、警備の仕事は融通が効きやすいのです。また、仕事内容によっては毎回決まった場所、決まった時間に警備を行うこともあります。

警備員の仕事では、雇用契約の内容によって残業が発生しない会社もありますので、事前にチェックしておきましょう。また、業務形態によっては、休憩時間や待機時間も業務時間としてカウントされる場合があります。

警備員はあまり残業が発生しない仕事ですが、残業が発生した時にはもちろん残業代を支払ってくれます。しかし、監視業務や断続的な業務の場合、残業代は発生しません。

残業が少ない以外にも警備員がおすすめなのはなぜか

残業が少ない仕事の中でも、警備員がおすすめなのにはいくつか理由があります。ここでは、その理由について解説していきます。

・中高年の方でも始めやすい
仕事の中には 高齢になってくると就職が難しいものもあります。しかし、警備員は中高年でも働きやすい仕事です。もちろん、ある程度の体力は要求されますが、50代、60代という年齢でもできるのは魅力的だと言えます。

・難しい資格は必要なし
警備員になるだけなら、特別な資格や技能、知識は必要ありません。そのため、就職のハードルは低いと言えるでしょう。警備に必要な知識については、研修や実際の仕事の中で身につける必要があります。

・実務未経験から始められる
未経験でも始められるというのも、警備の仕事の魅力です。実際に仕事について経験を積んでいくことで、警備の仕事にも慣れていけるでしょう。また、就職に際しては研修もあるので、警備についての知識がなくても安心です。

・学歴不問
警備の仕事については、学歴を問われることもありません。未経験でもOKであるという点と合わせれば、就職のハードルは大幅に低いと言えます。

まとめ

残業が少ない仕事としておすすめなのが、警備の仕事です。警備の仕事は基本的にシフト制であり、決まった場所と時間で業務を行います。警備の仕事は中高年でも始めやすく、特別な資格も必要ありません。また、実務未経験でもOKですし、学歴も問われないので、転職先の候補として入れてみてはいかがでしょうか。