警備員は体力がなくてもできる仕事がある!

働きたい人の中には、体力がないことを気にしている人もいるかと思います。
体力はないけれど、働かなければいけない。

このような人に合う就業先には一体、どのような種類の仕事があるのでしょうか。

体力がなくても働ける仕事のひとつには、警備員があります。
警備員というと体力が必要そうですが、実際はどうなのでしょう。

ここからは、体力がなくても働ける仕事としての警備員をご紹介します。

体力がなくてもできる警備員とは

警備員は体力がないとできないイメージはありますが、実際はどうなのでしょうか。
確認していきましょう。

体力が必要な警備員

警備員は肉体労働と言われる仕事です。
警備員にはいくつかの種類がありますが、その中でも交通誘導警備と雑踏警備は特に体力が必要な現場です。

交通誘導警備は、工事現場で工事車両や歩行者を誘導する仕事です。
場合によっては、商業施設の駐車場で車の誘導を担当することもあります。

雑踏警備は、花火大会やスポーツの大会、イベントなど人が多く集まる場所での誘導や安全管理を行います。

交通誘導警備も雑踏警備も広い範囲を警備することもあるので、歩き回ることもあります。
また、人が多い場所で警備するので精神的な疲れも出てきます。

このように、警備員の仕事は体力が必要なケースもあるということは理解しておく必要があります。

種類によっては体力が無くてもできる

警備員の仕事には、種類によって体力がなくてもできる仕事があります。
警備仕事は、体力がないとできないのではないか?と思われがちですが、実は肉体労働の中では比較的働きやすい職種なのです。

働いている方の中には、シニア警備員もいます。
特に施設警備の場合、比較的楽な仕事環境であることが多いです。施設警備の中でもビル警備では、室内で警備作業を行うことが多く、空調がある環境で座って作業ができるところもあります。

また、大学での警備なども比較的ハプニングなどが起こりづらく、精神的にも楽な現場だと言えます。このように、警備員の仕事の中には体力がなくても働きやすい現場もあります。

まとめ

ここまでで、体力がなくてもできる仕事として警備員の仕事をご紹介しました。
警備員の仕事は一般的に、きつくて体力がないと務まらないと思われています。

しかし、中には体力がなくてもできる警備員の仕事もあるので、体力がないけど働かなければいけない人は警備員の仕事を検討してみてはいかがでしょうか。