早朝勤務の仕事を探しているなら警備員がおすすめ!

朝は起きるのが辛いという人は多くいますが、むしろ早朝の仕事のほうがいいという人もいます。ここでは、早朝にできる仕事として、警備員の仕事について解説してきます。

早朝の勤務のメリットは?

朝早く起きることは、人によってなかなか辛いものですが、早朝の仕事にはさまざまなメリットがあります。

・プライベートを大切にできる
早朝の間に働いて、早い時間で仕事を終えれば日中の時間を有効に使えます。

・仕事がはかどる
脳がリフレッシュされている時間帯である早朝に仕事をすればはかどります。

・日勤に比べて給料が高い
早朝の仕事は日勤に比べると時給が高いので、給料を稼ぎやすくなっています。

早朝の勤務が可能な仕事に向いている方

早朝の勤務には、以下のような人が向いています。

・中高年の方
若い年代に比べて、中高年になると仕事量や運動量が減って、一日の活動量が少なくなります。そのため、多くの睡眠をする必要性がなくなり、起きる時間が早くなるので、早朝の仕事がしやすいです。

・早起きが苦にならない方
生活習慣によっては、早起きがまったく苦にならない人もいます。そうした人は早朝の仕事に適しています。

・仕事を掛け持ちしたい方
早朝の仕事は、短時間で終わることがほとんどです。そのため、ほかの仕事との掛け持ちもしやすいのです。

・プライベートや余暇を充実させたい方
早朝に短時間働けば後の時間が自由になるので、プライベートや余暇を充実させることができます。

早朝勤務が可能な職業は?

早朝勤務が可能な職業にはどのようなものがあるのでしょうか。ここでは、早朝勤務ができる職業をまとめてみました。

・清掃
オフィスなどの清掃は、社員が出勤してくる前に行います。そのため、静かな環境で仕事ができます。

・新聞配達
新聞やチラシを投函する仕事で、代表的な早朝の業務です。勤務時間が短いのもメリットです。

・製造業
パン屋などでは、朝早くから仕込みや製造などの業務を行っています。

・警備員
さまざまな施設やオフィスなどの警備を行います。

・飲食店
ファーストフード店や弁当屋などでは、販売に向けて早朝から料理の仕込みを行います。

なかでも警備員がおすすめ

早朝から勤務することができる職業の中でも、特におすすめなのが警備員です。勤務形態はシフト制になっており、年間休日数も自分で決めやすくなっています。

採用のハードルが低いのも利点です。難しい資格は必要ありませんし、実務未経験でも始められます。また、多くの場合学歴も不問です。

特に魅力的なのはシフトに融通が効くことでしょう。自分の都合に合わせて働きやすいのは非常に重要なポイントです。

まとめ

早朝勤務には、プライベートを充実させられる、仕事がはかどるなどのメリットがあります。早朝の勤務には、早起きが苦でない人、中高年の人などが適しています。中でも、警備員の仕事はシフトに融通が効くのでおすすめです。