警備員の研修はきつい?基本的には座学がメインで厳しいものではない

警備員の仕事はやりがいもあり、人助けの仕事でもあるのでなりたい人もいると思います。警備員になるには、研修を受けて知識や経験を身につけなければいけません。

世の中には警備の研修はきついという話もありますが、実際はどうなのでしょうか。そこで今回は、警備の研修の内容について解説していきます。

警備の研修はきつい?どんなことをするのか

ここからは、警備の研修について解説していきます。警備の研修の内容やきついのかどうかについて解説していきます。

警備の研修とは

警備の仕事をする場合には、基本的に研修を受ける必要があります。研修の期間としては、4日~6日程度あることが多く、座学がメインのことが多いです。

この座学研修は、1日中ビデオや資料を使った説明を受けることが多く、普段長時間勉強する機会が少ない人は少しきついかもしれません。また、座学のみの研修のところもありますが、実地研修を行う場合もあります。

厳しいところと厳しくないところがある

警備の研修は、厳しいところもあれば厳しくないところもあります。警備会社によって研修内容は異なるので、警備会社によって厳しいところもあります。

警備会社としても、知識のない人を警備員として派遣できないという考えがあるため、厳しく研修を行うところもあります。

また、研修担当者が厳しいという場合もあります。研修担当者は経験も豊富な人が担当することが多いです。そういった人は、プロ意識があるので、細かいところまで注意したり細かいところまで解説したりすることがあるかもしれません。

一見、きつくて大変ですが、厳しい研修があるからこそスムーズに仕事を始められるというメリットもあります。現場で働き始めたときに、研修で学んでいない出来事が起きると困ると思います。全てを研修で経験することはできませんが、少しでも知識を身につけることで、仕事を始めたときに活かすことができます。

まとめ

ここまでで、警備の研修がきついかどうかを解説してきました。結論を言うと、警備の研修はきついこともあれば、きつくないこともあります。

研修を受けなければいけないので、少し大変ではありますが、その知識は現場で働くときに役立ちます。警備の仕事はやりがいのある仕事なので、研修をしっかり受けてぜひ、警備員として働いてみてはいかがでしょうか。