警備員にも必要な外国人への英語対応

日本に訪れる外国人の数は年々増え続けています。外国人にとって話しかけやすい警備員はこれからますます英語力必要になってくるでしょう。警備員のこれからやグローバル化についてご紹介します。

これからは外国人にも対応可能な警備員の需要が増える!

現在の日本は世界遺産や2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピックなど、外国人にとって魅力のある国となっています。

日本に住む外国人や、海外からの外国人観光客が増えてきており、京都などでは特に多くの外国人が訪れていることが一目でわかるほどです。

タクシーの運転手も英語を話せる人が多く、求められる人材も英語を話せることが必要条件の1つとなってきています。

それだけ日本の観光地を訪れる外国人観光客が多いということですが、欧米だけでなく中国や東南アジアから日本を訪れる外国人の数は年々増加しています。

こういった社会のグローバル化から、警備業界では外国人ともコミュニケーションが取れる、英語を話す警備員への需要が高まっています。

求められる英語が話せる警備員とは?

来日した外国人が訪れる空港やショッピングセンター、観光スポットにはたいてい警備員が常駐や巡回をしています。

しかし、施設内や屋内で目的地の案内や困ったときなどに、外国人の目にとまりやすいのは制服を着た警備員ではないでしょうか。

そんな場合の声がけや、道をきかれたときの案内など英語が話せる警備員がいると、外国人のお客様も安心するでしょう。

これからの警備会社の警備員に求められるのは、英語が話せることはもちろんですが、来日する外国人への「おもてなし」の心ではないでしょうか。

右も左もわからない外国にきて、言葉も分らない場所で、道に迷った時の心細さを思えば、英語が通じることほど安心できることはないでしょう。

英語に力を入れる警備会社も!これからの警備業界とは?


外資系企業や、外国人が多く参加するようなイベントのクライアントと契約している警備会社などは、外国人とある程度のコミュニケーションをとれる警備員をあらかじめ採用します。

しかし、既存の警備員への配慮もきっちりとあります。

英語の話せる警備員を育成するために、警備をする上で必要となるような挨拶やIDやパスなどの身分証明書の確認、案内など英語のフレーズを学ぶための研修をしている警備会社もあるのです。

例えば外国人が困っていたときに、一例として「何かお困りですか?=Can I help you?」や案内する場合には「こちらですよ=This way, please.」迷っている人には「迷子ですか?=Are you lost?」など。

あまり英語を話せなくてもちょっとした案内などで、英語をネイティブに話せるスタッフに代わるまでのつなぎとしての会話も必要になります。

語学力を生かした仕事を考える人は、グローバル化していく警備員というお仕事も考えてみてはいかがでしょうか。

警備求人を探してみよう!