【私服警備員の見分け方】私服警備員の仕事をご紹介!

世の中には警備員という仕事があります。警備員の仕事にはいくつか種類があり、その中に私服警備員があります。

では、私服警備員はどんな仕事をしていて制服警備員とどう違うのでしょうか。そこで今回は、私服警備員の仕事内容や見分け方をご紹介します。

私服警備員について

ここからは、私服警備員について解説していきます。私服警備員は一体どんな仕事をしているのでしょうか。ここでは、私服警備員の見分け方もご紹介します。

私服警備員とは

私服警備員とは、私服姿で働く保安員のことを言います。契約を交わした店舗や施設内を巡回して不審な行動や迷惑行為を行うなど問題行動の発生を防止したり摘発したりする仕事です。

私服警備員は、万引き行為を摘発することが多いため、万引きGメンと呼ばれることもあります。

制服警備員との見分け方や違い

制服警備員と私服警備員の大きな違いは、制服を着ているか私服を着ているかどうかです。見た目から判断するのが一番分かりやすいです。

ちなみに、私服警備員は万引き行為を摘発することが多いことからバレないように行動しています。そのため、一般の人が私服警備員を見つけるのは難しいです。

他の見分け方としては、場所で判断する方法もあります。私服警備員は万引きの摘発を担当することが多いため、ショッピングセンターやスーパーなどにいることが多いです。

私服警備員の仕事内容

私服警備員の仕事は、契約した店舗や施設での犯罪行為や迷惑行為を防止、対応する仕事です。店舗内では様々な犯罪行為が行われる中、特に多いのは万引きです。

客の問題行為を見逃さず、発生を摘発することが業務です。ちなみに、私服警備員の仕事は、高度な技術が必要です。犯人を捕まえるための身体能力、怪しい人物を見つける洞察力、犯人を見失わないように追う追尾能力といった特殊な能力が必要となります。

まとめ

ここまでで、私服警備員の仕事内容や見分け方について確認しました。私服警備員は、他の警備員とは違った特殊な業務を行っています。犯罪行為をした人をしっかり摘発し、店舗の利益を守る使命があります。

今回ご紹介した私服警備員の仕事内容を確認して、私服警備員の仕事に興味を持った人や、誰かのために働きたいと思った人は、ぜひ私服警備員という仕事を検討してみてはいかがでしょうか。