女性が警備員として働くときの強み

最近、女性の警備員は増加の傾向にあります。女性の警備員が望まれる理由とは何なのでしょうか。女性ならではの強みや、企業に求められる対応ついて詳しくご紹介していきます。

女性警備員の強みとは?女性警備員が望まれるワケ

警備員の仕事といえば男性がほとんどというイメージがありますが、ここ数年は女性警備員を求める企業が多くなってきているため、最近では多くの女性警備員が活躍しています。

警備員としての仕事はさまざまで、施設内の警備であったり、建設現場や道路工事現場などの交通誘導など警備員としての仕事はたくさんあります。

その中でも女性客が多いショッピングセンターやスーパーなどは、女性警備員を求める声が多いことは確かです。小さい子供が道をたずねたり、女性が急に体調が悪くなってしまった場合など、男性警備員だと声をかけづらいこともあるようです。

それらに対応できるのはやはり女性の強みといえるのではないでしょうか。

また、男性警備員では立ち入ることが難しいような女性用トイレや授乳室などの巡回も女性警備員なら対応可能です。

そういった環境での女性の強みを求めた女性警備員を求める企業が増えてきています。

女性警備員は重宝される?女性ならではの性質を活かそう

女性警備員の需要は建設現場や道路工事現場などでの交通誘導の警備員でも多くなってきています。

理由としてはここでも「女性の強み(性質)」を活かした対応です。現場付近では自動車以外にも自転車や歩行者も通行する場合が多いため、女性が対応するほうがクレームも少なかったという事例もあるようです。

女性のほうが話し方などの対応がやわらかいため、現場でのトラブルが少ないという点では女性警備員は建設現場や工事現場でも高い評価を得ています。

女性が警備員として働くうえで不安な点はトイレについてだと思いますが、この問題については警備会社の配慮が必要となります。

現場によっては仮設トイレがなかったり、現場事務所から離れていて、事務所のトイレが使用できない場合もあります。

しかし、最近では建設業も現場で仕事をする女性スタッフが増えてきているため、トイレについてほとんど困ることはなく、整備が進んでいるようです。

どうしても不安な場合には警備会社に相談してみましょう。

警備会社は仕事の依頼を受けた時に、周辺の状況を調べたりするので、あらかじめ地図などで確認している場合がほとんどです。

トイレがある公園やコンビニが付近にあるかなども確認し、対応してくれるでしょう。

需要が増える女性警備員!長く働くなら警備員がおすすめ!

警備員の仕事は幅広いため、現在ではどの警備会社も人材が不足している状態です。その中でも、企業からの需要が高まっている女性警備員は、今後ますます重宝されるでしょう。

警備員の強みは年齢に関係なく働くことができるという点ですので、定年後に健康のために働いている人もいます。

若いうちから警備員の仕事につき、警備業に必要な資格取得を目指しながら成長している警備員も多いようです。

年齢層も幅広く、18歳から元気なら80代の人も働いています。

未経験からでも可能な仕事なので、今後の女性警備員の需要を考えると、働きやすい業界だといえるのではないでしょうか。

警備業に必要な資格を取得することで、給料面の高額化や、正社員での採用もあるなど、自身のステップアップにもつながります。

また、資格取得の際にも警備会社からの手当や補助が出る場合もありますので、年齢に関係なく働きたいと考えるなら警備員の仕事はおすすめですよ。