保安警備の重要性を徹底解説!店舗の安全を守る警備員の仕事

世の中には警備員という仕事が存在します。
普段目にする機会もある警備員ですが、そんな警備員になりたい人もいるのではないでしょうか。

警備員といっても複数の種類があり、行う仕事は異なります。
そんな中で保安警備という仕事があります。では、保安警備とはどんな仕事なのでしょうか?

そこでここからは、保安警備員とはどんな仕事をするのかについて解説していきます。

保安警備員ってどんな仕事

ここからは、保安警備員とはどのような仕事かを解説していきます。

保安警備員はどういった仕事をしていて、どんな特徴があるのでしょうか。
それでは見ていきましょう。

保安警備員とは

保安警備員は主に人通りの多い場所や利用者が多い場所で警備を行う仕事です。
例えば、ショッピングセンターや百貨店での万引きや置き引きの警戒を行う警備員のことを言います。

これ以外にも、違法行為や迷惑行為の防止、対応も重要な業務です。
他の警備と異なり、施設の利用者に配慮した行動が必要になってきます。

利用者が安全に楽しく利用できるように店舗内の安全を確保することが求められます。

制服警備? 私服警備?

保安警備員が仕事をするときには、制服警備だけでなく私服警備もあります。
制服警備のメリットとして、犯罪が発生する前に抑止する効果があります。

最初は保安警備員は私服で業務を行っていました。
しかし、最近では制服を着て業務を行うことで犯罪の抑止につながるとして制服を着るケースも増えています。

一方で、私服警備のメリットは、犯罪者を見つけて犯罪を防止することです。
私服を着ていることで保安警備員ということが犯罪者にバレにくいです。
そのため、犯罪を行った場合にすぐさま捕まえることができます。

私服警備員は万引き常連の人を捕まえるという効果もあります。
犯罪を繰り返し行う人は、制服警備員を配置していてもその目を盗んで犯罪を犯してしまうことがあります。

そういった繰り返し犯罪を行う人を捕まえる場合には、警戒されにくい私服警備員が活躍します。このように、制服警備員も私服警備員もそれぞれ犯罪や迷惑行為を防止し対応する仕事ですが、少しずつ違いがあります。

まとめ

ここまでで、保安警備員について解説してきました。
保安警備員の仕事は、他の警備の仕事とは違って特殊な仕事です。

犯罪や迷惑行為を防止しながら、利用者が快適に施設を利用できるようにする必要があります。

誰かのために働きたいという人や保安警備員に興味が出た人は、保安警備員として働いてみてはいかがでしょうか。