ディズニーで警備員として働きたい!業務内容や就業方法を解説

憧れのディズニーランドで働くことを夢見ている人は多いものです。警備員として働く魅力や、就業するための方法について解説いたします。

ディズニーの警備員の業務内容は?

ディズニーで働きたい人は多くいますが、役割はキャストだけではありません。警備員としてディズニーで働くという方法もあるのです。

警備員としてだと、キャストに求めるようなダンスやエンターテインメントスキルなどを求められることもありません。しかしディズニーに勤めていることで、キャスト同様にパーク内の顔として認識されることになります。

勤務場所や形態も実にさまざまで、バックステージ、ホテル内、ナイトとしてなど働き方を選ぶことができます。

業務内容はパーク内や駐車場などを巡回警備する、パーク内でおきたトラブルの対応、迷子の保護、などがあります。またエントランスでは危険物などがないか手荷物検査をしたり、キャストの出入りを管理したりといった仕事にいたるまで多岐にわたります。

ディズニーで警備員として働く魅力は?

ディズニーにおける警備員の役割は、ディズニーを訪れるゲストとパーク内の安全を守ることです。

安全を守りながらも、キャストと同じようにサービスを提供する楽しみを味わうことができ、ゲストからの感謝も受けられるのが大きなメリットでしょう。

ゲストが楽しい1日を送れるようにサポートすることも仕事の一環だといえます。これにより達成感や充実感を得ることができるのです。

多くのゲストが訪れるディズニーでは臨機応変に対応でき、かつ誰かの役に立つことにやりがいを感じることができる人が向いているでしょう。もちろん、警備員経験者であれば、より優遇されます。また防犯や警備の仕事に興味がある人にも向いています。

ディズニーに警備員として就業する方法

驚かれるかもしれませんが、ディズニーの警備員になるのに何ら特別な応募資格は不要です。つまり誰にでも平等に就業チャンスがあり、憧れのディズニーで働くことが可能なわけです。

多くのゲストが日々訪れるディズニーだけに、警備員経験があれば未経験の方よりもチャンスは高くなります。

ディズニーの警備員採用業務は、ディズニーではなく別会社が行っています。人気の就業先ですので、まずはこまめに採用情報をチェックしておくことをおすすめします。もちろん勤務内容や待遇面もしっかりと確認を行ってから応募することをおすすめします。

そのためには警備員専門の就職サイトを利用するのがいいでしょう。より詳細な情報を持っており、さまざまなアドバイスをしてくれること間違いありません。

まとめ

ディズニーの警備員は人気の職種ですが、誰にでも自由に門徒が開かれています。安全を守る警備員の仕事を楽しみながらやりたいという方は、こまめに求人がでていないか確認しましょう。

あわせて警備員専門の就職サイトに相談ができれば、よりチャンスが広がるでしょう。