駐車場警備の仕事とは?業務内容や必要な資格も解説

車が好きな人の中には、駐車場などの警備に携わる仕事がしたいという方もいるでしょう。この記事では、駐車場の警備の仕事の内容と、将来的にどのような資格を持っておくとよいのかについて解説します。

駐車場警備とは?

まず駐車場警備とは、公共施設や娯楽施設などさまざまな施設の駐車場内で、車両を誘導し、駐車場内での安全を確保する仕事です。

業務内容は、駐車場所への誘導や車道に出る時の誘導が主なものです。その目的は、駐車場を利用中に発生する交通事故を未然に防ぐことでしょう。場合によっては、駐車場内の巡回警備を行い、駐車場内でのトラブルや犯罪を防ぐ役割を担うこともあります。

簡単そうに見える仕事ですが、実は難しい仕事です。誘導の判断を誤ったり、誤解を招く誘導をしたりすると、大きな事故につながるリスクもあります。

大抵の場合、複数人で警備をするため、同僚と連携し協力しながら業務を遂行することも大切です。

利用客にはスムーズかつ快適・安全に駐車場を使ってもらうために、あいさつや声掛けといった接客も行わなくてはいけません。

駐車場警備員になる方法やポイント

では、駐車場警備員になる方法やポイントをみていきましょう。

駐車場警備員の仕事の特徴

まず、駐車場警備員は需要が高い仕事だといえます。デパートやスーパーなどの大型店舗には欠かせない人材であり、人が多く集まるイベント会場でも多くの駐車場警備員が投入されるからです。

駐車場警備員が向いている人

駐車場警備員に向いているのは、車や運転が好きな人です。広い駐車場内を天候に関係なく動き回るため、体力がある人にも向いています。

駐車場内の安全を守る仕事であることから、責任感も欠かせません。万が一トラブルなど不測の事態が起こった際には、冷静に対処が行える人にも向いています。

接客面でいうと、現場の状況に応じて、TPOにあった接客ができるコミュニケーション能力が高い人が適役でしょう。

駐車場警備員になるための方法

駐車場警備員になる近道は、駐車場警備を請け負っている警備会社へ就職することです。需要が多い仕事であることから、駐車場警備を担う警備会社は多くあります。

また、学歴不問の募集も多く、未経験者の就業も可能です。ビル管理などの他業務の警備から転職をするのも一つの方法でしょう。

志望動機を伝える際には、安全に対する意識の強さとコミュニケーション能力の高さをアピールすることをおすすめします。

将来的なキャリアアップを目指すのであれば、警備員指導教育責任者の資格をとったり、交通誘導、雑踏警備、施設警備などの検定を受けたりするのもいいでしょう。給与アップや昇進だけでなく、転職に有利にはたらくメリットも期待できます。

まとめ

駐車場警備員は、駐車場を利用する人たちの安心と安全を守る、人の役に立てる仕事です。大型の駐車場やイベント開催時には必ずといっていいほど必要とされるため、需要が高く、転職先が多い上に、経験や学歴に関係なく就けるので、非常に魅力的といえます。