警備管制の仕事は大変?業務内容や就業のコツを徹底解説

「警備管制に興味があるけれど、仕事は大変なのだろうか?」
「業務内容や就業のコツが知りたい!」
あなたの疑問にお答えすべく、警備管制の業務内容や需要、就業のコツについて解説いたします。

警備管制の仕事とは?大変ってホント?

警備管制の仕事は、現場に配置する警備員を手配することです。それぞれの現場と警備員のスキルや経験などを踏まえて、その手配します。

つまり自分自身が警備に付くのではなく、管制室と呼ばれる部屋で行うオフィスワークが中心です。依頼主との交渉や警備員への連絡なども行います。しかし、ずっと管制室にいるわけではありません。少ないですが、現場を巡回することもあります。

現場で仕事をする警備員がスムーズに働けるようサポートする役割であることから、さまざまな警備業務の管理が必要なのです。

時間との勝負という部分もあり、場合によっては24時間勤務というケースも発生します。

人を動かす仕事なので、責任が重い仕事でもあります。スムーズに警備員を手配できないとクレームが発生するだけではなく、会社が大きな損害を被ることにもなります。またクレーム対応を行うこともあり、勤務中は気が抜けない仕事です。

警備管制は大変だからこそやりがいあり!就業のポイントは?

これまで説明したとおり、警備管制は大変な仕事である半面、やりがいのある仕事です。就業のポイントと合わせて確認していきましょう。

警備管制の仕事はやりがいあり!

一般的な警備員の仕事というイメージを持って入社するとギャップを感じ、辞めてしまう人もいます。

しかし、やりがいは非常に大きく、体力的な負担も少ないためオフィスワークを希望している人にはピッタリです。安定性があるのも魅力でしょう。

警備管制は次のような人におすすめ

では、警備管制が向いている人の特徴をご紹介します。

警備管制は、几帳面で管理能力に長けている人におすすめです。警備員や警備を依頼してくる会社との交渉もするため、交渉力やコミュニケーション能力が高い人に向いています。

営業やコールセンターなどの就業経験があると似た業務が多く、仕事に慣れやすいでしょう。

警備管制就業のポイント

警備管制の仕事は、どの警備会社でも必要な業務であるため、安定した需要があります。また未経験でも採用されるチャンスがあります。

一般警備員からの転職であれば、警備業務などの業務知識があるだけに就業率が高まる可能性があるでしょう。一方で必要人員は多くないため、募集人数は少ないでしょう。応募者が多いと競争率が上がることが考えられます。

面接では、管理能力や交渉力に長けていることをアピールすることをおすすめします。

また、警備関連の資格取得も検討しましょう。仕事上の体力的な負担が少ない分、資格取得も目指しやすい環境です。警備関連の指導教育責任者や各種検定資格などを取得すると、昇進や給料アップの可能性が高まり、幹部登用の道も開けるでしょう。

まとめ

警備管制の仕事は警備員の仕事があれば必ず必要な業務であることから、安定した就業が見込めます。管理能力や交渉力などは必要ですが、体力的に負担がなく、将来的な昇進の道も比較的開けた仕事だといえます。