警備員のバイトをしてみたい!髪型の制限はある?

警備員のバイトでダメな髪型ってあるの?NGな髪型は?

警備員の髪型に対する制限は、正社員とバイトでやや差があります。

正社員の場合には、オフィスで仕事をする一般的な会社員と同じと捉えておくといいでしょう。

派手な髪色をしている人や男性で長髪にしている人は上司に注意されてしまうかもしれません。

しかし、バイトの場合には髪の長さや髪色に関して比較的自由であることが多いです。

ただ、髪型自由ということになっていても、明るすぎる髪色にしたり、男性で長髪にするのは避けた方が無難でしょう。

髪型自由であっても、ある程度の身だしなみを整えることが要求されます。

髪型の制限は、警備員の種類による差も大きいです。

交通警備なら、ヘルメットを被って仕事をするため、髪型に関する制限はあまりきつくありません。

また、業務に就いてからの髪型に関して自由度が高くても、採用面接に行く際には、清涼感のある髪型にしていきましょう。

チャラチャラした髪型をしていると、あまり良い印象を与えることができません。

髪型が原因で不採用になってしまう可能性もあります。

警備員のバイトで好まれるのはこの髪型!

警備員の中でも施設警備や貴重品運搬警備の場合には、お客さんに施設内のことについて聞かれて案内や接遇などをする機会が多いです。

相手に不快感を与えないように配慮し、信頼感を演出しなければなりません。

会社によっては服装点検などを行い、髪の長さをチェックする場合もあります。

商業施設などを利用する一般の人の目から見ると、警備員の髪型は短髪の方が好まれる傾向が強いです。

髪色は黒色で、刈り上げやショートヘアーなどが良いでしょう。

年配に人であれば、白髪が混ざっていても問題ありません。

女性で髪が長い場合には、ゴムでまとめて顔が見えやすい状態にしておくのが望ましいです。

過度なカラーリングや脱色などは、不快感を与えてしまう可能性が高いため注意しましょう。

あまり変わった髪型をするのも避けた方が無難です。

もし、髪型に関して不安があれば、バイトの求人に応募する際に確認しておきましょう。

まとめ

警備員はどちらかと言えば、堅いイメージの職業であるため、バイトでもあまり派手な髪型は避けた方が無難でしょう。

交通誘導警備の場合にはあまり髪型に関してうるさくありませんが、施設警備の場合にはバイトでも厳しいところが多いです。