警備員ってどんな仕事?仕事内容・勤務場所などを詳しく解説!

警備員への転職に興味があっても、どのような仕事をするのか、また自分にもできるのだろうかと不安に感じている人もいるでしょう。ここでは、警備員とはどのような業務を行うのか、どんな場所で働くのかといった警備員の仕事内容について詳しくご紹介します。

警備員の仕事内容とは

警備員とはどのような業務を行うのか、仕事内容を具体的に解説します。

警備員と一言にいっても業務はさまざま

警備員とは、施設や現場で人や財産の警備や警護に携わる仕事です。さまざまな警備業務がありますが、その業務内容は警備業法という法律に基づいて1号~4号まで区分されています。

・1号業務
住宅や施設、駐車場などで、盗難や事故を防ぐための警備です。警備業務の約半数はこの1号業務にあてはまります。

・2号業務
主に、通行に危険のある場所の安全を守るための警備です。工事現場の交通誘導や、不特定多数の人が集まるイベントの警備などがあります。

・3号業務
貴重品の運搬時の盗難を防止する警備業務です。現金輸送や美術品などの高価なもののほか核燃料の移送時の警備などが該当します。犯罪の対象とならないよう、強固な警備が求められる業務です。

・4号業務
いわゆるボディガードとよばれる、人の身辺警護業務です。近年では子供や高齢者の見守りやストーカー対処といった一般の利用も増えています。

どんな場所で働くことになる?

警備が働く場所は、警備業務の区分によっても異なりますが、一般に屋内外問わず、たくさんの人やが集まるところです。ショッピングセンターやデパート、オフィスビルなどの施設や駐車場や建設現場などの屋外、さらにはイベント会場や駅構内、空港などがあります。

警備員の収入・将来性について

では、警備員で働くにあたり、気になる働き方や収入・将来性について見ていきましょう。

アルバイトでも警備員として働ける?

警備員は、アルバイトでの求人も数多く見つかります。交代制のシフトで働くのが一般的ですが、警備する場所によっては日中だけ、夜間だけという例もあります。自分の空いている時間帯にあわせてアルバイトを探すとよいでしょう。アルバイトの前には法定の研修もあるため、経験がなくても安心です。

警備員って稼げる?年収や将来性は?

警備員の年収は、年齢による差は少なく高水準とはいえません。しかし、難しい警備を担当する場合には手当がつくこともありますし、警備関連の資格を取ることで年収アップを図ることは十分に可能です。なお、警備という仕事は景気にも左右されにくいうえ、人材不足や時代の変化による高い需要があるため、将来性については期待できる仕事であるといえます。

まとめ

警備員にはさまざまな業務内容がありますので、自分の働き方にあった仕事が選べる点が魅力のひとつです。また、アルバイトからでもチャレンジしやすい仕事ですので、警備業界に興味があるなら、ぜひ積極的にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。