就職先がないと焦っているあなた!おすすめは警備員

「就職先がない!」と焦っている方には、警備員がおすすめです。その理由は、常に人手不足であり、面接にも受かりやすいため。警備員という仕事は将来性もある仕事です。就職先を探しているなら警備員を検討してみてはいかがでしょうか。

就職先がない!そんな時は警備員に応募

警備員という職業は比較的受かりやすいのが特徴。そのため、「就職先がない!」と悩んだときは、警備員に応募してみましょう。

警備員は、常に人手不足です。そのうえ様々なシーン、場所で需要があります。そういった理由から、すぐに職がなくなるということは考えられません。

警備業界としてもホームセキュリティなど新たなニーズが発生しています。警備員としての将来性は明るいと考えるのが妥当でしょう。

警備員の面接で落ちないために

「就職先がない!」と思い警備員の面接を受けに行っても、落ちてしまっては意味がありません。警備員の面接は印象がよほど悪くない限り落ちないとはいわれています。ですが、万が一のことを考え、面接に落ちないためにはどうするべきなのか知っておきましょう。

志望動機

志望動機について話す際には、警備業に対するやる気や真面目さを前面に押し出していきましょう。

言葉遣い

「です」「ます」調は基本です。警備員として働く際にお客様にどのような話し方をするのか。その点を見られていると考え、丁寧な話し方をしましょう。

服装

面接にはスーツで行きます。また、ボサボサな髪のまま行かない、無精ひげは剃るなど、身だしなみにも気を付けましょう。

時間厳守

面接の時間を厳守するのはとても重要です。面接に遅刻する人は仕事にも遅刻すると思われます。5分前には面接場所に着いておくようにしましょう。

警備員に将来性はあるの?

就職先がないために、警備員として就職したとしても警備業界に将来性がなければ、意味がありませんよね。ですが、大丈夫。警備員は将来性のある仕事です。

日本は2020年に東京オリンピックを控えています。オリンピックに向けて警備員の需要が高まるといわれています。また、一般人が巻き込まれてしまうような重大事件も増加傾向。そのため、駅などの構内に警備員が配置されることも増えつつあります。

以前は施設に常駐していた警備員ですが、IT技術の発展などで機械警備が普及しつつあるのが現状です。そのため、機械を扱うことができる警備員の需要はどんどん増しています。

警備員は、資格を取得し専門分野に特化することで、年収アップをすることも可能です。

まとめ

警備員は資格取得などで年収アップも見込める将来性が十分にある仕事です。常に人手不足の業界のため受かりやすい警備員の面接を受けに行ってみましょう。