警備員のバイトは女性にも魅力的。メリットと注意点とは?

警備員のバイトは女性でも活躍できる!そのメリットは?

警備員は男性の仕事というイメージが少し前まではあったかもしれませんが、女性のバイト先としてもおすすめできる仕事です。実際に警備員のバイト求人では、女性の求人が増えています。勤務先によっては、女性警備員のみが必要とされる場所もあります。

女性が警備会社の需要にマッチするといえるのは、一般的に次のような特徴がみられるからです。

・謙虚さ

・物腰の柔らかさ

・子供やお年寄りの相手が上手

警備員は、施設やイベント会場を見回るだけでなく、お客さんを誘導したり、案内したりする仕事も担います。ぶっきらぼうに声をかけると、相手に嫌な思いをさせたりして、クレームの原因になることも少なくありません。しかし、謙虚な態度でお願いすると、誘導や案内をされた側も受け入れやすいというメリットがあります。

また、イベント会場や商業施設では、子供が迷子になることもしばしばあります。道案内を必要とするお年寄りも多いものです。その際に、女性の方が子供やお年寄りの相手が上手にできることが多いというメリットもあります。

警備員の仕事というと、交通誘導をしたり、不審者の対応をしたり、といった仕事内容を思い浮かべる人は少なくないでしょう。しかし、一口に警備員といっても業種はさまざまで、女性が活躍できる職場は多くあります。

特に商業施設は女性のお客さんと接する機会が多いので、女性警備員の需要は高いといえます。

警備員のバイトに女性が応募する際の注意点

警備員のバイトは、特に資格が必要ありません。体格や性別の制限もないので、女性でもはじめやすいバイトといえます。

警備員のバイトが女性にとって魅力的な別の理由として、シフトの自由度が挙げられます。日中働くこともできますし、夜勤のみ働くこともできます。また比較的休みも取りやすく、自分の予定に合わせて仕事を増やしたり、減らしたりということもしやすい職場です。

さらに、日払いや週払いの現場も多いので、すぐに使えるお金がほしいという女性にとっても警備員の仕事は魅力的です。

女性にとってもメリットが多い警備員のバイトですが、女性ならではのデメリットもあるので、その点についても理解しておくことは大切です。

女性の求人も多い施設警備の仕事は、エアコンが効いていますし、比較的に体力面での負担が少ない仕事ではあります。しかし、時給が抑えられるなど待遇が良くないというデメリットがあります。

屋外での交通誘導などの仕事の場合は、体力面でもかなりきついですし、天候などの影響も受けるため、警備の仕事を続けていくのは正直大変です。

警備員として働くためには、法律によって基本教育15時間以上、業務教育15時間以上、合計30時間の研修を受けることが必須と定められています。研修自体はハードなものではありませんが、警備会社によってはこの研修の際の待遇が異なるため、事前に確認しておくことも必要です。

警備員バイトの応募をする際は、研修期間の待遇や業務内容などについて、事前に良く確認の上、申し込むようにおすすめします。

まとめ

女性が活躍できる警備員の仕事。シフトの自由度が高く、日払いや週払いの現場も多いというメリットもあります。とはいえ、女性が警備員として働くことゆえの難しさもあるので、バイト先として選ぶ際は業務内容などをよく確認の上、申し込むようにしてくださいね。