警備員の魅力の一つは直行直帰!

直行直帰の仕事とメリットを紹介!

直行直帰の仕事にはさまざな業種があります。警備の仕事もその一つです。そんな直行直帰のメリットとはいったいなんでしょうか。

直行直帰の仕事のメリット

直行直帰をおこなっている仕事をいくつかご紹介します

・保険関係

お客さんの都合に合わせて相手のいる場所へ出向くことが多いため、会社に出社する時間や帰社する時間をはぶき直行直帰を行っていることが多いです。

・飲料業界

社内会議などの用事がない限りは、飲料などの飲食関係の仕事は直行直帰が一般的になっています。

このように、会社ではなく現場で仕事をすることが多い業種は主に直行直帰をおこなっています。

では、直行直帰のメリットとはなんでしょうか。それは、一言でいうと時間を有効に使えるということです。会社へ出社する時間をなくせるため、より多くのお客様の相手ができたり、現場での仕事の時間をより確保できます。

もう一つのメリットは、自分のペースで仕事ができることです。直行直帰の仕事は、多くの人員で仕事をすることは少なく、少人数、もしくは一人で現場で仕事をすることが多く、仕事を見られることや、細かい指示をされるのが苦手な人にとってはとても大きなメリットといえるでしょう。

警備員は直行直帰の場合が多い

警備員の仕事も基本的に直行直帰の場合が多いです。警備の仕事は現場で行うものですから、自宅から現場に直行し、そのまま現場で勤務を終えて自宅へ直帰するというパターンです。

警備員の仕事は大きく分けて二つです。施設内や外で不審な人物がいないかなどを警備する「施設警備員」。道路の工事や誘導をする「交通誘導警備員」です。直行直帰時の出勤や退勤の連絡は、どちらも所属する警備会社に電話連絡を入れます。

警備の仕事はさまざまな勤務形態があります。多くは残業がなく、日給制のため、仕事が早く終わったとしても1日分の給料がもらえるというメリットがあります。そして、警備の仕事はできるだけ無人状態を避けなければいけないため、余裕のある人員の配置をおこなっており、業務の一人ひとりの負担が少ない場合がある、というメリットもあります。

まとめ

このように一つの業種だけでもさまざまな業務形態があります。じっくりと自分に合った業種を探してみるとよいでしょう。