転職活動で使う職務経歴書の記入方法~警備員志願者向け~

職務経歴書の記入方法って難しいですよね?転職経験がない人は、職務経歴書の記入に慣れていないことが多いです。本記事では、警備員志望の人が職務経歴書に記入する時のコツを紹介します。

警備の仕事に転職するときも職務経歴書は必要?

警備会社の就職試験を受ける時も職務経歴書が必要なケースは多いです。職務経歴書の内容を基に、受験者が警備の仕事に向いているか判断されることもあります。

未経験者も職務経歴書の内容を充実させてアピールできるため、職務経歴書の作成に力を入れた方がよいです。また、職務経歴書の他に履歴書の提出も必要です。自身の適正能力を判断される材料となるので覚えておきましょう。

一般企業と警備員の転職は職務経歴書のここが違う!

警備会社への転職を成功させるには、職務経歴書を通して人柄のアピールをできるかがカギとなります。主なアピール内容は下記の通りです。

誠実さや勤勉さ

「ウソつきではないか」「警備員としてスキルアップをする気があるか」「責任感があるか」などを判断されます。人柄や勉強する意欲は重視されるため覚えておきましょう。逆にいえば、警備経験があっても誠実さや勤勉さがない人は不採用の確率が上がるということです。

仕事にかける意気込み

仕事に貪欲に取り組む意欲も大事です。警備業務のなかには、長期間勤務・長時間同じ場所へ立ちっぱなしになることもあります。仕事にかける意気込みが少ないと判断された人は、不採用になる確率が上がるでしょう。

自己管理能力

体調管理などの自己管理能力も重要。シフト制のケースが多いため、生活リズムも崩れやすいです。とくに、昼夜連続で働きっぱなしの場合は、気温の差で体調不良を起こすケースもあるため気をつけましょう。

警備員転職成功のコツ!職務経歴書の書き方3つ

最後の章では、警備員への転職成功率を上げるために大事な職務経歴書の書き方を紹介します。警備会社が求めるポイントは下記の通りです。

警備の仕事に生かせる内容は具体的に

警備業務に生かせる内容は、詳しく記載しましょう。例えば、元接客業の人は業務中に動き回っていて体力に自信があることをアピールするといった形です。警備未経験者でもアピールできる例はたくさんあるため考えてみてください。

前職の内容から性格面での適性をアピール

元経理職の人であれば「計算を正確に行った」「膨大な計算量があった場合でも、忍耐力で乗り切った」とアピールすると伝わりやすいです。誠実さや仕事に対する意欲があることを職務経歴書上で具体的に伝えると、書類選考に通りやすくなります。

警備の仕事の希望や意欲をアピール

警備員として働きたい気持ちを伝えるのも大事です。警備会社へ仕事への熱意を伝えるとあなたの印象もよくなります。同時に自己管理能力・健康状態がよいことも伝えると採用率も上がるため参考にしてみてください。

まとめ

職務経歴書の記入方法で警備員として採用される確率は変わります。自己流で職務経歴書を作成すると書類審査に通らない恐れがあるため、転職のプロへ頼ってみてください。転職サイト・エージェントを上手に使って転職活動を成功させましょう!