転職でなかなか面接に受からない人には警備員がおすすめ

「転職をしたいけれど面接で落ちてばかり…」という方。警備員に転職してみてはいかがでしょうか。

警備業界は常に人手不足であり、他の職種よりも面接で受かりやすいといわれています。警備員になるためには、面接でどのようなことに気を付ければいいのでしょうか。

転職で面接に受からない理由

警備会社だけでなく他業種の会社に転職するにあたり、面接に行くけれど不採用が続く、受からないといったことが続く方。一度面接に落ちた理由をしっかりと考えてみてはいかがでしょうか。

面接で受からない理由は、改善可能なものと改善不可能なものに分けることができます。

改善可能な理由としては、「第一印象が悪い」や「志望動機がしっかりとしていない」、「事前リサーチが全くできていない」など。実は簡単に改善できる理由で、面接に落ちていることが多いのです。

第一印象が悪い人の特徴は、「挨拶がきちんとできていない」、「身なりがだらしない」、「元気や笑顔がない」など。これらは、社会人のビジネスマナーとしてもNGですよね。基本ができていない人は面接では受かりません。

志望動機と転職理由の方向性が明らかに違っている場合も、面接で落ちる可能性が高いもの。そのうえ、面接で転職先の会社について聞かれた際、あまりにも何も知らなければ面接で落とされることもあります。事前リサーチをしっかりと行い、志望動機などをまとめておくことが大切です。

改善不可能な理由としては、「スキルや経験が足りない」、「年齢が高い」など。これらの理由は自分で改善することは難しいもの。転職したい会社とうまくマッチしなかったのだと考えておきましょう。

警備員の面接で受かりやすくするためには

転職の面接でなかなか受からない人には、警備業界への転職をおすすめします。というのも、警備業界は常に人手不足。そのため、他の業種よりも面接に受かりやすいという特徴があります。

ですが、いくら面接で受かりやすい警備会社への転職といっても、採用されるために受かりやすくする方法を知っておくべきです。では、どのようなふるまいをすれば、警備員の面接で受かりやすくなるのでしょうか?

警備員への転職の面接では、身だしなみや言葉遣いといった基本的なことができていれば、受かる可能性が高くなります。また、資格はあればもちろん優遇されますが、必ず必要というものではありません。入社後に資格取得することも可能です。資格に関しては、深く考える必要はありません。

ただし、警備員に向いていない人もいます。例えば、退屈に耐えられない性格の人。施設警備や交通誘導警備の場合、現場によっては1日中立ち続けているだけという現場もあります。そのような現場に当たった場合、退屈に耐えられなければ暇で暇で仕方ありません。ある程度退屈に耐えられる性格の人が警備員に向いています。

また、チャラチャラした服装の人や規則を守ることができない人も警備員には向いていません。きちんとした性格であることが重要です。

このような性格が面接で判明した場合、面接で落とされる可能性があります。仕事は仕事です。面接や仕事ではきちんと真面目にしていると、面接で採用される可能性が高くなるでしょう。

まとめ

警備員に転職するためには、面接で言葉遣いや身だしなみといった基本的なことをきちんとしておけば大丈夫です。面接で落ちてしまい受からないという可能性は低いと考えておきましょう。そのため、他の業種で面接に落ちて困っているという人にもおすすめできる業種です。

面接に受からなくて困っている人は、警備員への転職も考えてみてはいかがでしょうか。