短期で稼げるおすすめバイト!警備の仕事を知ろう

「旅行に行きたいけれど、お金がない」、「空いている時間に効率よく稼ぎたい」などの悩みを抱えているあなた。短期の警備の仕事で稼いでみるのはいかがでしょうか?

警備の仕事は、短期でとても効率よく稼ぐことができるバイトです。そのため、短い期間でがっつり稼ぎたい学生などがバイトすることも多い仕事。そんな警備の仕事について説明していきます。

警備の短期バイトは稼げる!仕事内容と給料の目安

警備の短期バイトは、とても効率よく稼ぐことができるおすすめの仕事。そのため、学生の夏休みのバイトとしてもぴったりです。では、短期で警備バイトをする場合、仕事内容はどのようなものになるのでしょうか?

警備の短期バイトの場合、割り振られる仕事は「工事現場などの交通警備の仕事」か「イベント警備の仕事」が主です。中でもがっつり稼ぎたい人におすすめなのが、交通警備の仕事。

工事現場などの交通警備の仕事には、夜勤が存在します。車通りの少ない深夜に工事を行うことも多いためです。そのような交通警備の夜勤の場合、日勤と比較すると日給が1,000円程度高くなります。そのため、警備の仕事の中でもより効率よく稼ぐことができるのです。

対して、お祭りやコンサートなどのイベント警備の仕事は、基本的には深夜勤務はありません。イベント自体、昼か夜に行われることがほとんどのため。イベント警備の場合夜勤という扱いにはならず、深夜手当はつかないことが一般的です。

通常、警備のバイトは日給7,000~9,000円程度です。イベント警備でもらえる日給はそのくらいだと考えておきましょう。

警備の短期バイトをするメリットと注意点

警備の短期バイトでは効率よく稼ぐことができるとわかりました。ここでは、メリットや注意点についてみていきましょう。

警備の短期バイトのメリットは

・自分の予定に合わせて働くことができる

・夜勤のみのシフトでがっつり稼ぐことも可能

という点。

警備の短期バイトのメリットは、なんといってもその自由度の高さ。自分が空いている時間に仕事を入れることができるため、自分の予定を犠牲にする必要はありません。

また、夜勤のみのシフトを希望すれば、がっつり稼ぐことができるのも大きなメリット。効率よく短期で稼ぎたい人にはぴったりの働き方といえます。

警備の短期バイトでの注意点は

・バイトでも研修が必要

・体力が必要

という2点。

警備員のバイトをするにあたっては、いくら短期のアルバイトでも研修を受けなければ仕事をすることができません。研修内容は、「基本教育」が15時間、「業務別教育」が15時間と計30時間以上。たいてい4~5日間研修を受けなければいけません。ですが、研修の間もきちんと日給が支払われます。安心して研修を受けましょう。

また、警備の仕事は外での仕事が多く、長時間立ちっぱなしということも多いもの。そのため、体力が必要です。体力はしっかりとつけておきましょう。

まとめ

警備の短期バイトは、効率よく稼ぐことができる仕事です。夜勤ができればさらに日給もアップします。

自分の予定に合わせて働くことができる警備の短期バイトをしてみてはいかがでしょうか。