コミュ障の方は必見!コミュ障に向いている仕事8選

人には色々な性格があり、中にはコミュニケーションが苦手な人、いわゆる「コミュ障」と呼ばれる人もいます。そうした人に向いた仕事にはどのようなものがあるのでしょうか。ここでは、コミュ障に向いている仕事を8つピックアップして解説していきます。

コミュ障に向いている仕事って?

そもそも、コミュ障に向いている仕事とはどんな特徴を持った仕事なのでしょうか。ここでは、コミュ障に向いている仕事の特徴を3つピックアップして解説していきましょう。

・1人で黙々と作業を進める仕事
コミュ障であるなら、たくさんの人とやり取りをしながらやる仕事ではなく、1人で黙々と没頭できる仕事のほうが向いているでしょう。コミュ障の人でも他の人がいなければ人間関係を気にせずに仕事ができますし、仕事に集中しやすいでしょう。

・会話が少ない仕事
営業職や渉外など、コミュニケーション能力が求められる仕事には会話能力が必須です。逆に言えば、会話が苦手なコミュ障なら、これら以外の会話が少ない仕事が向いているでしょう。直接顔を合わせての会話が苦手でも、メールなどの文面を用いたやり取りならOKという人は、そうした仕事場を探すのもいいでしょう。

・基本単独行動ができる仕事
コミュ障は、たいてい集団行動が苦手です。そのため、集団ではなく基本的に単独行動ができる仕事が向いているでしょう。最低限の報告など以外は基本的に1人でいられるような仕事なら、ストレスを覚えることなく仕事ができます。

コミュ障におすすめの仕事をご紹介

コミュニケーションが苦手なコミュ障に向いている仕事には、どのようなものがあるのでしょうか。ここでは、コミュ障に向いている仕事を8つ紹介していきます。

コミュ障におすすめの仕事

・倉庫作業員
工場などの倉庫内で作業を行う仕事です。作業内容は様々ですが、一度作業が始まれば基本的に1人での作業となるので、コミュ障でも楽に仕事ができます。

・工場勤務
工場内で検品や部品の組み立てなどを行う仕事です。ライン作業では私語はしないので、黙々と仕事に取り込むことができるでしょう。

・清掃員
オフィスビルや娯楽施設内の掃除をする仕事です。これも黙々とこなす仕事なので、コミュニケーション能力は特に必要ありません。

・警備員
マンションや様々な施設を警備する仕事です。守衛の場合は連絡の取次などでコミュニケーションを取る必要がある場合もありますが、施設の見回りなどであればコミュニケーション能力は問われません。

・ライター
在宅ワークのひとつで、仕事先からの指示に従って様々な記事を執筆する仕事です。仕事先とのやり取りは基本的にメールなどで行うため、直接顔を合わせて会話することは少ないでしょう。

・イラストレーター
同じく在宅で依頼に従って様々なイラストを作成する仕事です。これも仕事先とのやり取りは基本的にメールなどが多いので、コミュニケーション能力を求められることはありません。

・プログラマー
IT企業などに就職するだけでなく、在宅でもプログラマーとして働くことができます。これもやり取りはメールやチャットなので、直接会話する必要はあまりありません。

・長距離のドライバー
長距離トラックのドライバーです。就業時間のほとんどはハンドルを握っていることになるので、コミュニケーション能力はあまり必要ありません。

コミュ障なあなたには警備員がおすすめ

コミュ障の人に向いている仕事はたくさんありますが、その中でも特におすすめなのが警備員です。

その理由としては、まず人と会話する必要があまりないことが挙げられます。守衛の場合はまた違いますが、警備員の仕事は基本的には見回りなので、仕事中に誰かと会話することはあまりありません。

また、見回りは基本的に1人で行うので、誰かと一緒にいることもあまり少ないでしょう。警備員の仕事に就くには特に資格や経験を問われないので、ハードルが低いのもおすすめのポイントです。

まとめ

コミュ障は、基本的に1人で作業を進める仕事が向いていると言えます。人と話すのが難しければ、1つの業務に集中できそうな仕事を選ぶといいでしょう。なかでも警備員は人と関わることが少ないため、コミュ障にとっても働きやすい職業です。気になった方はぜひ挑戦してみてください。