警備員の仕事は危険?種類ごとの違いやリスク回避の方法も紹介

警備員の仕事は、人々の安全な暮らしや大切な物品を危険やアクシデントから守ることです。そのため、必然的に危険な状況に置かれるリスクを伴う仕事なのです。

ここでは、警備員の仕事に伴う危険について解説していきます。

警備員の仕事には危険が伴うこともある!

警備員の仕事は多様ですが、その目的をまとめると「他人の身体や財産を守る仕事」と言えるでしょう。

もちろん、警備員がいるというだけでトラブルや犯罪の抑止効果は発揮できますが、それだけでトラブルや犯罪を100%予防できるとは限りません。

そして、警備員の業務を行っている以上、現場で事故が起こる可能性や他人に危害を加えられる危険性は否定できないのです。
そのため、警備員の研修内容には、法律知識などだけでなく、いざというときに身を守るための護身術、トラブルが起きたときの通報要領、緊急救命方法も盛り込まれているのです。

警備員の業務中には、さまざまな危険が起こる可能性があります。

店舗などの施設の警備中には、酔っぱらいやクレーマーに絡まれることがあるかもしれません。銀行の警備中には銀行強盗が入ってくる危険だってあるでしょう。
交通警備の仕事では、交通ルールを無視した車にはねられるかもしれません。

このように、警備員の仕事にはたくさんの危険が伴いますが、危険やトラブルの可能性があるのは、ほかの仕事も同じことです。

加えて、警備員の制服を着ているというだけである程度の威圧効果があるので、被害を予防できるという意見もあります。それに、前述の研修で学んだ技術で対応可能なので、過度に警備員の仕事が危険ばかりと思う必要はないでしょう。

そのため、警備員の仕事は、いたずらに危険なものではなく、人を守る大切な仕事であると認識するのが良いでしょう。

警備員の仕事で危険を防ぐポイント

警備員の仕事にいくら危険が伴うといっても、自ら進んで危険な目に遭いたいという人はいないでしょう。では、警備員の仕事で危険を防ぐにはどうしたら良いのでしょうか。

まず、危険の少ない業種を選ぶのが得策です。
警備員の業務には1~4号の業種があるので、その中から自分の体力や能力に見合った、リスクの少ない業種を選びましょう。

また、仕事先を確認するのも重要です。
警備員として派遣される場所によって業務内容が違えば、危険の度合いも異なります。

女性の場合は、現場で着替えやトイレなどのプライバシーが確保されているかどうかも重要です。

これらについては、仕事を受ける前にしっかり確認しておきましょう。

事前の研修をしっかり受けておくのも重要です。事前の研修で、法的な知識や技能、リスク回避の方法を学んでおきましょう。
正しく理解しておけば、いざとなったときに安全な行動が取れるでしょう。

また、チームワークも重要です。警備員の仕事は数人のチームで行うので、日頃からチームワークを良くしておくとトラブルの際にも的確に対応できるでしょう。

まとめ

警備員の仕事には、どうしても危険が伴います。

それを防ぐためには、事前にリスクの少ない現場を選ぶ、プライバシーの確保ができているかどうかを確認しておくことが重要です。
また、研修をしっかり受けておく、チームワークを良くしていくといったことも大切です。