常駐警備ってどんな仕事?楽と噂の仕事内容を徹底解剖

数ある警備の仕事の中でも、比較的楽だといわれる施設での常駐警備ですが、実際にはどのような業務を行っているのかご存じでしょうか。今回は、常駐警備の仕事の具体的な内容について、本当に楽なのかという点もあわせて詳しくご紹介します。

常駐警備の仕事内容とは

まず、常駐警備の仕事内容や勤務場所についてご紹介します。

施設に常駐して警備を行う仕事

常駐警備員は、施設に配置されて日々の警備を行う警備員のことをいいます。仕事の内容は、主に施設内での監視や巡回、施設への入退出者の管理などです。基本は異常がないかどうかを監視して安全を守ることが常駐警備員の仕事ですが、勤務場所によっては施設を訪れる人への案内や応対などを行う場合もあります。

常駐警備員の勤務場所は?

常駐警備員の勤務場所には、ショッピングセンターといった商業施設や学校、病院、オフィスビル、工場、駐車場など幅広い場所があります。施設に常駐する警備員のため、工事現場のように毎回勤務場所が変わる、ということはありません。

常駐警備の仕事は楽って本当?

警備員の仕事の中でも常駐警備は楽だといわれますが、実際にはどうなのでしょうか?

楽さを感じるかは人それぞれ

常駐警備の仕事は、基本的に異常がないかどうかを監視することが中心のため、見方によっては楽な業務です。ただし、働く場所によっては、長時間立ちっぱなしになる場合もありますし、業務が単調なためなかなか時間が経たず苦痛に感じる人もいるかもしれません。
また、注意しないといけないのは夜勤です。勤務中に仮眠を取りますが、睡眠不足になりやすいというデメリットがあります。拘束時間が24時間以上になるのも珍しくありませんので、賃金の割には重労働と感じる人もいるようです。したがって、楽な仕事と思えるかどうかは人それぞれといえます。とはいえ、高齢になっても働き続けられる人が多い仕事でもありますから、楽な仕事として考えてよいでしょう。

常駐警備員に向いているのはどんな人?

常駐警備は勤務が長時間になることが多いため、その環境に耐えられる人が向いてます。また、シフト制で夜勤をしなければならない場合もありますので、生活時間に変動があっても睡眠時間の確保など、自己管理がきちんとできることも重要なポイントです。そして、常駐警備員に限ったことではありませんが、安全を守るという責任感や使命感のある人が向いている人であるといえます。

まとめ

ひとつの施設に配置され、警備を行う常駐警備の仕事は楽だといわれますが、勤務時間が長時間となるため、楽と感じられるかどうかは人それぞれです。

とはいえ、力仕事があったり、過酷な環境下で働くわけではありませんので、体力がない人でも携われる仕事です。仕事内容が合っている人にとっては楽に働ける業務ですので、興味のある人は一度体験してみるとよいでしょう。