施設警備が辛いと感じるのはなぜ?理由や対処法をまるごと解説

警備員の仕事のひとつである施設警備は、さまざまある警備業務の中でも辛いと感じる人が多いようです。それはなぜでしょうか。
今回は、施設警備の辛さやその乗り越え方について解説します。

施設警備の仕事が辛いと感じるのはなぜ?

施設警備は何がそんなに辛いのでしょうか。ここではその理由を解説します。

そもそも施設警備とは?

施設警備は1号業務と呼ばれており、施設やその利用者の安全や財産を不審者などから守る仕事です。主な警備先は、マンションや商業施設などが挙げられます。

警備業は業務ごとに4種類に大別され、その中のひとつが1号警備である施設警備です。このほかに、2号警備の交通誘導、3号警備の貴重品運搬、4号警備の身辺警備があります。

施設警備が辛いと感じる理由

施設警備に従事する中で、辛いと感じるのはどんな理由からなのでしょうか。

勤務時間が長い、拘束時間が長い

施設警備は当直勤務がある場合、勤務時間が非常に長くなります。そのため、パトロール以外は時間を持て余しがちです。

大切な業務ではあるものの、その持て余す時間の長さが辛いと感じる人もたくさんいるようです。

体力的に辛い

年齢によっては当直勤務が体の負担になることもあります。立ちっぱなし、歩きっぱなしなどの仕事も多いので、体力的に辛いと感じる人もいるのです。

ストレスが多い

警備の仕事は、安全を守るための責任が重い仕事です。事件や事故のリスクから、気を抜くことができません。また、人間関係やコミュニケーションを負担に感じる場合も、非常にストレスが溜まってしまうでしょう。

施設警備の仕事のメリット

ここまで紹介したように、施設警備は決して楽な仕事ではありません。
しかしその一方で、施設警備ならではのメリットもあります。

施設警備は比較的体力負担が少ない

施設警備は体力を使う場面が多くないため、比較的に負担が少なくて済むのがメリットといえます。高齢の転職者にも向いている仕事です。

拘束時間が長くても、しっかり休める

勤務の拘束時間は長いですが、決まった日課以外は自由に過ごすことも可能です。しっかりと休めるので、体力の回復や気分転換を十分に行うことができます。

当直のローテーションで休みも取りやすい

仕事はシフト制のローテーションなので、同僚と時間を調節すれば休みがとりやすいのもメリットです。まとめて働いてまとめて休むことも可能なので、まとまった休みが欲しい人には向いているといえます。

女性警備員の需要も高い

施設利用者との応接面では、女性の警備員が人気です。また、女性が多く出入りする施設なども女性の警備員だと安心できると需要が高まっています。

やりがいのある仕事

警備員は社会的に貢献できる仕事なので、やりがいを感じることができます。人から感謝される充実感もあるため、人の役に立ちたい人にはぴったりです。

施設警備の仕事が辛いときの対処法

最後に施設警備の仕事が辛いときの対処法について紹介しますので、参考にしてみてください。

オンとオフの切り替えをしっかりする

休めるときにしっかり休むことが何よりも大切です。体調を万全に整えれば、辛さも軽減されるため、メリハリのある生活を心掛けましょう。

ストレスを発散する

音楽や読書、カラオケなどでリラックスに努めることも大切です。余暇を充実させる、趣味をもつなど、自分なりのストレス発散法を見つけましょう。

資格を取ってキャリアアップを目指す

警備に関する各種検定の受検や、指導教育責任者の資格取得をおすすめします。昇給・昇任も狙えるだけでなく、勤務の自由時間に勉強できるため、一石二鳥です。

配属先を変えてもらう

施設警備が辛い場合は、配属先を変えてもらうのもひとつの方法です。配属先によっては1号警備以外の業務も選べるため、上司に相談してみましょう。

転職するのも良い方法

警備会社にもさまざまあるので、会社によって働きやすさが異なります。警備員経験や資格があれば転職にも有利です。同業他社への転職を検討するのも良いでしょう。働く環境を変えて心機一転してみてはいかがでしょうか。

まとめ

さて、今回は辛いといわれる施設警備の仕事と、辛さを乗り越えるための対処法を紹介しました。施設警備は辛い仕事ですが、余暇の充実や休みが取りやすいなどのメリットもたくさんあります。それでも辛い場合は、心機一転して同業他社への転職を考えてみるのもひとつの方法です。自分に適した働き方はどんなものなのか、しっかりと考えてみましょう。

警備求人を探してみよう!