警備員に将来性があるかないかを紹介!

警備員の将来性は、あるともないともいえない

警備員の将来性が不安になる理由を紹介していきます。

警備員の将来性が不安になる理由

警備員の将来性が不安になる理由は大きくわけて3つあります。

まず1つ目は「アルバイトが多そう」です。
警備員の仕事は年配の方が多いイメージが多いと思いますが、ほとんどがアルバイトでの勤務です。正社員での採用は積極的に若い人材を採用し、キャリアを積んでいくようにしている会社もあります。

次に「仕事を続けられるか不安」です。
警備員の仕事は巡回など長時間の立ち仕事が多く、警備の現場によって拘束時間が長かったりと体力がとても必要な仕事になります。
また、工事現場など危険を伴う現場だったり、真夏や真冬の環境下での仕事であるため気力が続かない人も多いのです。

最後に「業務が難しそう」です。
警備員の仕事は、交通誘導などの場合、誘導を間違えてしまうと事故に繋がるため、注意力と緊張感が必要です。「どう誘導すればスムーズになるのか」など考えて誘導しなければなりません。
また施設警備における巡回警備の場合だと巡回経路を覚えないといけません。
巡回は毎日の繰り返しのため、変化がないと手を抜きがちです。変化を探すつもりで巡回を心掛けることが大切となってくるでしょう。

警備員の仕事は覚えることがたくさんあり、なかなか覚えられず業務が難しいと思う人が多いようです。

警備員の将来性はある

警備員の仕事は体力と健康面が重要なため、長く続かない人が多く常に人手不足です。
定年退職した60代以上でも働くことができる会社も多く、人材確保が優先事項になっています。
また個人が防犯目的として自宅にホームセキュリティを設置することも増えていくので警備員の業務は多岐にわたります。

近年、外国からの観光客の増加により、人気の観光地などこれまで必要とされていなかった場所にも警備員の配置が求められているように、年々警備員の需要が高まってきています。
さらに、IT技術の普及により、IT関連の知識もかなり必要になってくることもあるため若い世代の警備員の活躍が期待されています。

また女性警備員も増え続けています。ライブ会場などでのボディチェックがある場合、女性のボディチェックを男性警備員ができる範囲は限られているため、女性のほうが抵抗なく業務を遂行できるのです。

女性警備員の場合は夜勤業務がなかったりと、女性が警備員として働きやすい仕組みも浸透してきているのです。

まとめ

いかがでしたか?
警備員は時代の変化や技術の進歩でどんどん需要が増えてきています。また、警備員に関する国家資格を取得すると、より専門的に警備業務に関われ将来的にもさまざまなキャリアを積んでいくことができるのでおすすめの職業です。
仕事内容や、待遇は警備会社によって違いがあるためしっかりと希望に合う会社を探すようにしましょう。