【稼げる警備員】交通規制業務とは?仕事内容を紹介

「警備員って大変そう」「警備員って稼げるの?」と一度は、考えたことはないでしょうか。実際のところどのようなものなのでしょう。今回は警備員の仕事の中から、稼げるといわれている交通規制業務について、詳しく解説していきます。

交通規制業務に興味がある人は、ぜひ参考にしてください。

交通規制業務とはどんな仕事?

よく車に乗る人は、高速道路などで矢印の看板や、「信号に従ってご通行ください」といった看板を見たことがあるのではないでしょうか。それがいわば、交通規制に当たります。

交通規制業務は、高速道路や大型道路での交通規制を専門的に行う仕事です。保安資機材を設置して交通規制帯の作成と撤去を行ったり、必要に応じて車両の誘導を行ったりします。

高スピードで車が行き交う高速道路や大型道路では、事故のリスクは避けられません。そのために、事故防止のための手段や方法が細かくマニュアル化されています。

交通規制業務の「魅力」と「厳しさ」

一見、簡単そうに思える交通規制業務ですが、一体どのような魅力や厳しさがあるのでしょうか。ここでは交通規制業務の魅力と厳しさについて解説していきます。

交通規制業務の魅力

交通規制業務は、一般的な交通規制に比べて業務内容も多く複雑であることがほとんどです。そのため、専門的な知識と技術が求められます。現場によっては、国家資格を持った警備員が必要なこともあります。

求められる知識や技術が複雑なだけあって、やりがいも感じられるでしょう。

また、会社によっては特別手当の支給がある大きな魅力です。給与を上げるために資格を取る警備員も多くいます。

やりがいがあって、奥が深いのが警備員の交通規制業務の魅力といえるでしょう。

交通規制業務の厳しさ

交通規制業務は屋外の道路上で行う業務です。温度などが一定している屋内の業務よりも、体への負担は大きいといえます。天候や季節の影響は避けられませんし、健康や体力の維持の自己管理も欠かせません。常に万全でいることが大切です。

そのため、体力に自信がない人や車の運転に慣れていない人にとっては厳しい仕事だといえます。

また、交通規制業務は常に危険と隣り合わせです。信号や交差点のない道路で業務を行うため、臨機応変な対応も必要になります。

少しの作業の遅れや判断のミス、伝達ミスなど細かいものが大きなケガや事故につながります。仕事中は、緊張感で張りつめていることでしょう。「ただ立っていれば良い仕事」と思っていると痛い目をみるかもしれません

グリーン警備保障なら未経験でも大歓迎!

関東エリアで交通規制業務の仕事を探す際は、グリーン警備保障がおすすめです。

ポイントは、研修やサポートが充実しているので未経験からでも始めやすいところです。応募者の約95%が未経験から始めています。交通規制業務が初めてでも働きやすいでしょう。

グリーン警備は、規定がありますがシフトの融通が利きやすいところもポイントといえます。また給与の日払いも可能、直行直帰OKなど働きやすさが満載です。

働きやすさが整った環境で稼いでみるのはいかがでしょうか。

グリーン警備保障の求人は、こちらからご覧いただけます。

グリーン警備保障株式会社 規制事業部の求人

まとめ

交通規制業務は、人によって向き不向きが大きいといえる仕事ですが、自分にとって働きやすい環境があれば続けることができるでしょう。働きたいと思ったら、ぜひグリーン警備保障に応募してみてください。

警備求人を探してみよう!