今、女性の就業先に警備員が選ばれる理由

高い給料、高優遇を保障する就職先。それが警備員です。今、女性の警備員が増えているのはそこに理由があります。5時間程度のパートタイム労働でも、給料的には他の職種と大きく差が開きます。何よりもパートから正社員に契約変更も勤務態度と契約更新の状況に寄ってはできるという点が魅力です。

警備員は3Kではない

一昔前は警備員は3K、いわゆるキツイ、キタナイ、キケンと言ったイメージがありました。しかし現在は全くそんな事はありません。
安全対策もしっかりと警備員新任研修等で教育されます。
靴や備品、制服等も会社が支給してくれるところもあります。
何よりも女性警備員は優先的にイベント警備に回される事が多いです。
こちらの仕事は国道や県道の交通誘導と違い、事故等の確率は格段に低くなります。
駐車場等で徐行している車なら目で見てからもゆっくりと避けられますよね。
たいていの警備会社もその辺りを考慮しており、男性より態度が柔らかく見える女性を優先的に雇用することが多いです。
警備員が優れている点はそれだけではありません。
サービス業ですから、今話題のコミュニケーション能力も磨くことができます。
相手の立場になって思いやる、そして相手の尊厳、生命、財産を守ると言うことを警備員新任研修で教えられます。
未経験でも働きやすい警備員と言う職種はここにも理由があります。
勿論研修中にも給料は支給されますので心配する事はありません。
また、ホテルや旅館、工場等の施設警備員を募集しているところもあります。
こちらは男性が業務に当たる事も多いのですが、最近は女性も増えています。
例えばデパート等では女性が警備に当たる事によって威圧的なイメージを与えにくいという利点があるからです。空港等でも女性が女性にボディチェックされるのと女性が男性にボディチェックをされるのは嫌悪感の観点から見ても明白です。
勿論、交通誘導と施設警備は覚える事も少し違いますが、根底にあるのはサービス業という概念です。
警備業は人と関わる事が多い職業です。対人経験を繰り返す事によって顧客のニーズに合わせ、スキルを伸ばせる職業という点で優れています。
警備に限った事では無いですが、サービス業ですので周りの人を笑顔にするという考えをしっかりと持って励む事が重要です。


今、警備業は門戸が広く雰囲気も明るい業種となっており、とても入りやすい職種となっております。警備業法も改正され、より一般の方にも認知されています。サービス業とは何か、を求める方にはうってつけの業種ではないでしょうか。