警備員の服装とは?制服の重要性や種類

警備員の服装について

警備員はその仕事内容によって、警備が実施される場合に身につける服装や、装着するものなどがあります。そのような警備員の服装や持ち物などを説明とともにご紹介したいと思います。

警備員の服装についてですが、警備業はサービス業でもあるため清潔感のある服装が求められます。汚れていたりしわの多い制服を着たりしていると印象が悪くなってしまいます。

なので、警備員の服装については「清潔感」を心がけるようにしましょう。

まずは警備員の「制服」ですが、制服については施設警備などではジャケットを着用する場合があります。

腕の上げ下げがしやすいように作られているノーフォーク仕様で、警備業法により規定の大きさの標章(ワッペン)を胸と腕上部に取り付けて着用します。

標章については警備会社が各自作成しますが、たいていは制服を作成しているお店で作ることが多いかと思われます。

なぜ標章を制服につけなければならないかというと、「警察官・海上保安官と明確に識別出来るもの」という決まりがあり(警備業法第16条)、警備員とわかるように制服には標章をつけ、制服が警察官や海上保安官と酷似しないようにしなければなりません。

必要アイテムとその意味

警備員の「制服」の他に、着用や身につける物についてご紹介します。

警備員が着用するものとしては、商業施設やオフィスビルなどの激しく動きまわったりしないような施設警備などでは「制帽」(せいぼう)をかぶることがあります。

制帽には各警備会社の記章が付けられています。制帽をかぶることにより、厳格な雰囲気や貫禄がでます。しかし、これも抑止力となり「見せる警備」として必要なものになります。

つぎに警備員の業務に必要な「安全靴」についてですが、安全靴とはつま先が先芯によって保護されたすべり止めがついている靴のことです。

見た目も重要な警備業には安全靴は施設警備、駐車場警備、雑踏警備に使用されることが多いです。疲れにくく衝撃を吸収し、見た目も落ち着いた雰囲気なものは制服にもよく合います。

施設警備などでは中には安全靴でなくローファーで勤務というところもありますが、どちらにしても基本は靴の色は「黒色」の場合がほとんどではないでしょうか。

また、警備では靴紐がほどけると危険な場合が多いため、紐のついた靴を履く場合には、靴紐がほどけないものにするか紐のない靴を選びましょう。

つぎに「モール」というものについてですが、警備員の肩についている紐を見たことがあるかと思いますが、「警笛」が先端についており警備員は常に携帯しています。

警笛は緊急時の注意喚起や合図などに使用されますが、警笛にはモールがついています。モールにも警備会社や警備の内容などによってルールがあり、役職等によって色が分かれていたり、けがをした際の止血に使うこともあります。

また、モールの形状や材質によっては付け根に締め具があり、輪になっている部分に通すと締まるようになっているため、警備の緊急時に拘束用として使用する場合もあります。

ただ、警備員の仕事で施設内などではモールをケガの応急処置や、緊急事態の拘束用に使用することはほとんどないでしょう。