警備員のお仕事、常駐警備と巡回警備の違い

警備会社よって取り扱う警備方法も異なりますが、警備には常駐警備と巡回警備の二つがあります。どちらも警備業務ですが、どの中身も変わってきます。それぞれにいいところと辛いところもあります。それぞれの違いについて見てみましょう。

常駐警備と巡回警備の警備員のお仕事

警備員のお仕事には常駐警備というものがあります。一般的にはこの種類の警備を行う会社がほとんどです。たとえば、複合商業施設の警備や建物の警備においては、この種の警備方法がとられます。
その名の通り、その施設に営業時間内常駐し、警備活動を行うことにあります。勤務地はいつも同じですので、移動に時間を割くことがありません。業務内容もほぼルーティーンをこなしでいくことになりますのでそこまできついということもありません。その反面で常駐警備の場合、例えば従業員入り口などのような場合には、一日中決められた部屋での勤務なので、ある程度の集中力を必要とします。淡々と時間が過ごしていきますので、業務の消化バランスを考えて従事していくと良いでしょう。
巡回警備では、決められたコースを巡回しながら、異常が無いかをチェックしていきます。
決められた曜日、決められた時間なのか、それともランダムに決められたコースを巡回していくのか、訪問先で異常が無いかをチェックし、巡回を行うことになります。
巡回警備の場合は、防犯上の観点から巡回内容についてはその場で決めることがほとんどですが、場合によってはルーティーンのようにして巡回しているケースもあります。警備員が常駐する必要が無い規模の施設の警備については、この種の警備が主に行われます。比較的少ない人数で多くのコースを網羅することができますので、機動的警備においてはこの種の警備が使われます。警備員が少なくても警備が成り立ちますので、中小の警備会社ではよく見かけることがあるかもしれません。
巡回警備の場合移動が多いですので、移動中に疲れが出てしまうこともあります。また決められた時間に巡回する必要があるところでは時間との勝負となりますので、違ったストレスがたまることもあります。常駐と巡回、どちらが自分に向いているのか、警備会社で働こうとする場合や依頼する場合よく考えましょう。

警備会社では警備員を常に配置しておく常駐警備と、決められたコースを巡回させる警備と二通りあります。それぞれ警備内容や警備目的が変わってきたりしますので警備の導入時には吟味が必要です。また警備会社で働きたいと思っている人もよく考えるべきでしょう。